ルーン占いとはどんな占いなのでしょうか?

ルーン占いとはどんな占いなのでしょうか?

ルーン占いはルーン文字で占う方法をいいます。

ルーン文字はゲルマン人の古い文字体系で音素文字の一種です。

木や石に刻まれたルーンを読み取って、未来などを占うシンプルな方法の占いです。

ルーン占いのやり方は25種類のルーン文字が記されたルーンストーン1セットと、手がすっぽりと入る丈夫な布製の袋を用意して、その布袋にルーンストーン1セットを入れます。

やり方は

  1. 自分の利き手を布袋に入れて、占う質問を頭の中で考えながら、ルーンストーンを混ぜます。
  2. そのストーンのなかで自分が何かしら感じるストーンを一つつかんで、その上下を確認します。
  3. ストーンを袋から取り出し、その場に置きます。

ルーン占いが成立した時期ははっきりしていませんが、ルーン文字は2世紀あるいは3世紀頃からあったようです。

その後ラテン文字が普及したので、ルーン文字は使用されなくなりましたが、北欧のスカンジナビアでは中世後期ごろまでルーン文字が使われたようです。

また一部の地域ではルーンについてのことは近代初期までその教えが残いました。

ルーンの由来は紙が発明されない時代に石や木にその文字を刻むことから始まりました。

ルーンの語源が秘密を意味するものだったのです。

ルーン占いで占えることは他の占術と同様に基本的には何でも占えますが、生老病死は占うことができません。

自分自身のための占いなので、自分の行動や今後の生き方については占うことが可能です。

しかし、占いが相手に影響を及ぼす、例えばxxさんと結婚させて、xxさんを僻地に異動させてとは占うことができません。

タイトルとURLをコピーしました